商標登録はまだ早い。けど先を越されるのはイヤだ!そんな時はどうすればいい??

投稿日:2017年2月10日 更新日:

経営者の皆さんにとって「商標登録が大事なのはわかるけど、コストもかかるしウチに商標登録は時期的にまだ早い」と感じることはあると思います。

だけど他の会社に先を越されたらどうしよう!?という不安もまたあると思います。

ではどうすればよいのでしょう?

前提:商標登録にオリジナリティは求められない

前提として知っておいていただきたいのが「商標登録にオリジナリティは求められていない」ということです。商標登録においては誰が商標を考案したか(誰がオリジナルか)ではなく、誰の商標として顧客(商標法上では「需要者」と呼びます。)に認知されているか、がとても重要です。

したがって、仮に他人が考案したネーミングやロゴの商標であっても、その他人よりも先に商標登録出願をすれば登録される可能性が十分にあります。

商標登録で先を越される可能性を見越して

もし運悪く、「そろそろウチも商標登録するか!」と思い至ったタイミングで既に先を越されてしまっていた、というときに備えて以下の対策をしておくことをおすすめします。

この続きはnoteでお読みいただけます(有料)

商標登録したくなったら湘南ラボへ!

-コラム(一部有料)

Copyright© 商標登録PRO・特許事務所 湘南ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.