ブランドをゼロから考える場合、どうネーミングすればよいか

投稿日:

ブランドを新規に立ち上げる場合、商標を主とした知的財産権の観点から避けた方がいいだろうなというネーミングを挙げていきます。

知的財産権の観点ということは要するに

  • 1.そのブランド名を使用すると他人に知的財産権を侵害するおそれがある
  • 2.そのブランド名を商標登録しようとしてもできないおそれがある

そのようなブランド名は避けましょう、ということです。以下、具体的に申し上げます。

既存の登録商標と同一名称は避ける

「1.そのブランド名を使用すると他人に知的財産権を侵害するおそれがある」に該当しますが、まず第一に避けるべきものとして、登録商標と同一・類似の商標は新規のブランド名としては適切ではありません。商標権侵害になってしまうので当然です。

なお、登録商標と指定商品・指定役務とは全く別分野の業種であり、かつ将来的に同指定商品・指定役務の分野に進出する予定がないのであれば商標法上は侵害とはなりません。

ただし、道義的な問題や消費者から見たイメージ戦略上、たとえ分野が別であっても同一の商標を使用することが適切かどうかはケースバイケースです。

この続きはnoteで読めます(有料)

商標登録したくなったら湘南ラボへ!

-コラム(一部有料)

Copyright© 商標登録PRO・特許事務所 湘南ラボ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.